花の種の基礎知識|ガーデニングのトラブル回避法|農業資材で問題の対策

ガーデニングのトラブル回避法|農業資材で問題の対策

フラワー

花の種の基礎知識

花

植物は全て種から初まり、大きな木になったり美しい花を咲かせるようになります。そのため、花の種から栽培を始めるというのは一つの生き物の成長を育てるということに等しく、愛情を込めれば込めるほど作物に愛着が湧くようになります。そんな花の種は、道端で拾ったり、園芸専門店やホームセンター等のお店で購入して育てることになります。なお、ハムスターの餌用のひまわりの種を植えてもひまわりを咲かせることはできますが、発芽率は低いのでひまわりの種は園芸専門店で購入したものを使用しましょう。また、花の種を購入する場合、ネットで検索すると珍しい花の種が通販で販売されていることが多いです。日本ではあまり観たことない花も育てることができるため、園芸に慣れた人はこういった珍しい花を育てるというのも面白いかもしれません。
初心者が花の種からガーデニングを開始する場合、まずは育てたい作物の育て方をアドバイス通りに行うことを念頭に育てましょう。というのも、種を植えてしばらくは土に水と肥料をあげるくらいしかすることがなく、長い期間育てていると本当に育っているのか気になる人は多いです。そして、もしかしたら水と肥料が足りないのかもと思い、あげすぎた結果からしてしまったということもあります。初心者の場合は、まずはマニュアル通りに育てることを重視し、育てることに慣れてから自分なりに育て方をアレンジしてみましょう。慣れている頃にはして良いことといけないことの区別が付くようになっているはずです。