花の苗から育てる|ガーデニングのトラブル回避法|農業資材で問題の対策

ガーデニングのトラブル回避法|農業資材で問題の対策

フラワー

花の苗から育てる

フラワー

花や果物は、種からではなく苗から育てるという選択肢もあります。花の苗から育てるというのは初心者に特におすすめできる園芸方法の一つです。というのも、種から育てた場合肥料や水をあげ過ぎたり、逆に不足していた場合、育った芽はあまり健康的な状態ではなく、成長してもあまり元気が出ない場合もあるばかりか、逆に枯れてしまう可能性もあります。そのため、花の苗から育てたほうが元気ですくすくと育ちやすいことは多いです。
また、種から育てるのは難しいので花の苗から始めることが推奨されているものは多いです。主なものとしてチューリップやバラが挙げられます。チューリップは種から育てた場合花を咲かせるまでに5年以上の年月が必要になりますし、バラは土の養分をとにかく消費し、こまめなチェックが必要となるので種から育てるのは困難です。よって、花の苗から育てることが推奨されています。
園芸に慣れた人でも、花の苗から育てるというのはおすすめできます。特にネット通販では園芸専門店でもあまりお目にかかれない珍しい花の苗や果物の苗が販売されていることが多く、より深くガーデニングを楽しめ、家を彩ることができるからです。ネット通販で購入できる珍しい花の苗の代表として、青バラの苗があります。青いバラというのは自然界には本来存在しないのですが、数年前の研究と交配を重ね青いバラを誕生させることができました。現在は青いバラの花の苗はネット通販でも購入できるようになっています。